共済・保険

建築国民健康保険
■加入できる方
新潟県内に居住していること。
新潟県建築組合連合会の会員となっている事業主またはその従業員であること。
■月額保険料
区分 該当者 基礎賦課額 後期高齢者
支援金分
介護二号分
保険料
月額保険料

 

 
1級 ・従業員を常用雇用している事業主
・従業員を雇用する日数が年間100日以上の事業主
・親子で事業をしている事業主
11,800 1,700 2,000 15,500
2級 ・一人親方
・従業員を雇用する日数が年間100日未満の事業主
・法人事業所の代表者以外の役員
9,800 1,700 2,000 13,500
3級 ・従業員
・親子で事業している事業主以外の者
8,800 1,700 2,000 12,500
4級 ・25歳未満の組合員 4,300 1,700 _ 6,000
5級 ・75歳以上の組合員 3,000 _ _ 3,000
家 族 2,300
賦課限度5人
1,600
賦課限度5人
1,100
賦課限度3人
5,000
【健康保険賦課限度額 459,600】
■保険給付
療養の給付 小学校就学後6歳以上70歳未満
組合員・家族ともに7割給付(3割負担)
小学校就学前児童
8割給付(2割負担)
70〜74歳 の前期高齢者
8割給付(2割負担※平成22年3月31日までは1割負担)
現役並所得者は7割給付(3割負担)
高額療養費 下記の自己負担限度額(月額)を超えた分が払い戻しされます。
{70歳未満の方}
上位所得者世帯 150,000円(83,400円)+医療費が500,000円を超えた場合、超えた分1%を加算
一般世帯 80,100円(44,400)+医療費が267,000円を超えた場合、超えた分を1%加算
住民税非課税世帯 35,400円(24,600)

備考:( )の額は、多数該当の場合(4回目以降)
@世帯合算は21,000円以上を合算
A上位所得者とは、旧ただし書き所得670万円以上(※H18年10月以降は600万円以上)


{70歳以上75歳未満の方}
現役並み所得者  外来(個人)44,400円 入院・世帯単位 80,100円(44,400円)+(医療費-267,000円)×1%を加算
一般  外来(個人)12,000円 入院・世帯単位 44,400円
低所得者U 外来(個人)8,000円 入院・世帯単位 24,600円
低所得者T 外来(個人)8,000円 入院・世帯単位 15,000円

備考:( )の額は、多数該当の場合(4回目以降)

   @多数該当の場合世帯単位は入院・外来・歯科すべて適用
   A一定以上所得者とは、課税標準所得145万円以上の高齢者のいる世帯
   B低所得Uとは、世帯全員が住民税非課税である方
   C低所得Tとは、世帯全員が住民税非課税であり、
     その世帯の所得が一定基準以下である方
(<例>単独で年金収入65万円・夫婦2人で年金収入130万円以下)
   
出産育児一時金 一人400,000円
※産科医療保障制度対象分娩の場合、30,000円上乗せいたします。(430,000円支給。)
葬祭費 組合員 100,000円 家族 50,000円
傷病手当金 組合員が病気やけがで入院した時(労災、第三者行為は除く)
1級:1日6,000円60日以内
2級、3級、4級:1日5,000円60日以内
人間ドック補助 加入1年以上の組合員20才以上
-->健診料金の7割(消費税を含む)を補助。限度額20,000円。
オプション検診
-->健診料金の7割(消費税を含む)を補助。限度額20,000円。
石綿検診
-->健診料金(一次・二次)の10割を補助。
乳幼児見舞金 0才から就学前の被保険者が入院した時 1日3,000円 30日を限度とする。
■加入申込
いつでも加入できます。詳しくは、商工会へお問い合せ下さい。
詳細は新潟県建築国民健康保険組合のページをご覧ください。
(リンク先) http://www.kenchiku-kokuho.jp/
一覧に戻る

TOP

menu
     サイトマップ
TOPページ
  商工会とは
  金融
  税務・経理
  経営
  労働
  情報・取引
  共済・保険
  一般事業
  業種部会
  青年部
  女性部
  会館案内
  個人情報保護
   越路地域情報
物産情報
地域情報
ポイントカード会
事業所紹介
SHIFT会員一覧
  会員用ログイン
outside_link
全国商工会連合会
新潟県連へ